家族葬に関する基礎知識

家族葬に行かないのは失礼ではない

家族葬に行かないのは失礼ではない

家族葬に行かないのは失礼ではない 知り合いや身近な人の身内が亡くなった場合、家族葬をするとあらかじめ言われている時には行かないほうが良いのでしょうか。家族葬だと聞いているのに周囲の人が行くと知ると、行かないと失礼なのではないかと不安になります。家族葬をするということは、ごく限られた人だけでひっそりと故人を送りたいという気持ちがあるものです。だから故人ととても親しかったなど特別な理由がない限り、本来家族葬は参列を遠慮すべきなのです。

弔問客がいるということは、その弔問客に対して気を遣う必要があります。本当に送りたいという気持ちがあったとしても、遺族に無駄な気を遣わせる行為が正しいとは言えません。家族に葬儀の連絡を貰っているのなら参列しても良いですが、間接的に聞いた場合などは行かなくても失礼ではないのです。むしろ相手から連絡がないにも関わらず参列しようとするほうが、失礼だということを忘れてはいけません。どうしても気になるのなら、後日落ち着いた頃にご自宅に訪問して手土産と共にお参りするほうが良いのです。

社員の家族葬との関わり方

社員の家族葬との関わり方 昔の葬儀と違い近年では身内など親族だけで葬儀を行う家族葬が増えている中で、会社の社員や同僚の親族が亡くなった時に家族葬を行うと伝えられた時は会社側でも対応に迷う事が多いです。
特に会社や親睦会の規定がある場合は規定に沿った対応が会社としての誠意だと思われがちですが、肝心なのは遺族の方の意思を尊重する事なので、香典は無用と言われたらそれに従い葬儀に行く必要もありません。
すこし強い言い方をすると、行く必要がないばかりか行ってはいけないのが常識となっていますし、お通夜にも参列するべきではないと言われています。
当然弔電や香典に生花も不必要とされていますが、やはり気持ちだけでも送りたいと思ったらまずは遺族の方に確認するのが大切で、それでも固辞されたら送らないのがマナーです。
しかし大きい会社の場合はルールとして決まっている事もあり、どうしても出さなければならない時はその旨を十分に伝えれば遺族も理解を示してくれます。
また、お焼香に伺いたい場合はまずその気持ちを伝えて理解してもらったら、家族葬から1週間くらいの間に伺うのがマナーです。

copyright (C) 2018 家族葬に関する基礎知識. All Reserved.