家族葬に関する基礎知識

初心者のための家族葬情報サイト

家族葬との距離感のとり方に悩むのは「親戚たち」

家族葬との距離感のとり方に悩むのは「親戚たち」 終活という言葉が世間に広まるにつれて、自分の葬儀は家族とごく親しい人だけで行って欲しいと願う人も多くなりました。
このようにごく内輪で行う葬儀の形式は、「家族葬」と呼ばれ大都市を中心に人気を呼んでいます。
弔問客を呼ばないので気遣いすることなく故人ともゆっくりお別れすることができますが、親戚の中には呼ばれなかったことに腹を立てたり、突然当日に予告なしに参列に現れるなどのトラブルがないとは言えません。
親戚をどこまで呼ぶかということは、その親戚との距離感によって変わってきます。
特に近くに住んでいて、しょっちゅう行き来しているような親戚は距離感も近くなり、家族葬に呼ぶのが当然という場合もあります。
後々の関係が気まずくならないように、故人の兄弟姉妹だけ全員呼ぶ、もしくは誰も呼ばないといったように、線を引くことも可能ですが、できれば故人と特に親しかった親戚は呼んでも良いのではないでしょうか。
その際には後から角が立たないように他の親戚には上手に家族葬の概念や故人の意向といったことを説明して納得してもらうということが大切です。

家族葬なのに外部の弔問客が来たときの対応

家族葬なのに外部の弔問客が来たときの対応家族葬なのに外部の弔問客が来たときの対応 家族葬は、遺族と極限られた親族や知人だけで執り行なわれる非常に規模の小さな葬儀であり、参列依頼が無くても自発的に参列する従来の葬儀の常識は非常識とする葬儀です。
その為、家族葬に参列している人達は気を頃の知れた人ばかりで気を使う事が無く、大切な人を亡くし憔悴し切った遺族にとっては精神的にも身体的にも楽な葬儀形態として現在の葬儀の主流となっています。
しかし、家族葬は比較的新しい形態なので葬式組などの地域独自の互助システムの残っている地域では参列依頼が無くても通夜や告別式に参列する人が現実に多く、遺族は葬儀を執り行う前に外部の弔問客に対して家族葬を執り行う旨を伝える文章の送付や連絡などの対応を行うだけで無く、通夜振る舞いや返礼品などを万一に備えて用意しておく対応が必要です。
外部の弔問客が来る理由としては、小規模の葬儀なので自宅で通夜も告別式も執り行ってしまう事で葬儀の執行を知られてしまう事にあり、小型の斎場を業者に斡旋してもらう事で対応できます。

copyright (C) 2018 家族葬に関する基礎知識. All Reserved.