家族葬に関する基礎知識

初心者のための家族葬情報サイト

他人の家族葬は顔を出すのもNG?

他人の家族葬は顔を出すのもNG? 家族葬というのは、極めて限られた身内だけで葬儀を営みたいという趣旨からのものですから、他人の家族葬への弔問は遠慮する方が賢明ということができます。
しかし、生前ひとからならないお世話になった人とか、自分の両親がとても面倒を見てもらっていた人とかが、お亡くなりになったときに、せめてお焼香でもあげさせてもらいたいというのは人情ですから、絶対に避けなければならないということはありません。
ただその場合は、お焼香だけでもさせてくださいとお願いし、家族葬のお邪魔にならないよう気を付けることです。お通夜に顔を出せば、お清めの席へと案内されることもありますが、用意した人数分ということもあり、これはやめておくのが無難です。
できれば、葬儀関係の様々なことが一段落した後で、お線香をあげさせていただきたいと弔問する方が、家族葬を営む人にとっては有り難いことになるはずです。
葬儀屋さんは様々なケースへの対応もしますので、香典に対する香典返しなども予定数以上に用意したりして、粗相のないように対処しますが、当日、当のご家族に余計な心配をかけるのは、故人に対しても申し訳ない行為となってしまうからです。

家族葬に列席するときの注意

家族葬に列席するときの注意 家族葬に列席するときの注意点ですが、一般的な葬儀と形式が違っている可能性があります。家族葬は故人の遺言状など、特別な意向によって執り行われます。

いわゆる一般的なお葬式とはやり方の順番が違ったり、儀式的な行為が簡略化されています。そのため普通のお葬式という風に受け取って列席するのはよくありません。よりアットホームな雰囲気がセレモニーが行われる事も多いです。

個性的な葬儀を行う家族葬も増えてきました。常識とは違っている新しい形の葬儀も増えてきており、自分の固定観念にとらわれるのは禁物です。

ましてや遺族の方に「この様式は常識からは外れている」や「あの手順を忘れていませんか」といった指摘をするのは厳禁となります。

過去の事例を参考にする事は大事ですが、それにとらわれて遺族の方に口出しをすればトラブルの火種です。また服装や日時などもこれまでの前例とは違った様式になる事も多く、柔軟に対応しなければいけません。

copyright (C) 2018 家族葬に関する基礎知識. All Reserved.