家族葬に関する基礎知識

初心者のための家族葬情報サイト

友人の家族葬

友人の家族葬 生前に自分から葬儀の話しを聞きに行く方が増えてきており、家族葬に関しても事前に話を聞く方が多いです。
また、近年は家族葬を選択する方が多いため、友人として参列した後に良さを実感する方が増えています。
少人数で親しい人たちに囲まれているからこそできるというメリットがあるからです。
故人の好きだった音楽をながしたり、思い出の写真などを並べたりと様々なことに対応できます。
その為、故人の友人からも色々と聞いて楽しい気分でお別れをする事を望む方が増えているのです。
全ての葬儀の会社ではないですが、価格も出来るだけ安くしながら意見を取り入れてくれるところも多く、決まった手順で厳かに行うという概念から、家族葬は変化してきています。
友人として参列している方も悲しいという気分だけではなく、故人との楽しい思い出や素敵な時間だと思えるひと時を過ごす事ができるようになっており、メリットがたくさんある事から、家族葬を選ぶ方が増えています。

同僚の家族葬

同僚の家族葬 同僚の家族葬は、従来の葬儀の常識に従えば自発的に弔問に訪れるべきですが、参列依頼や会葬状が来ない限り弔問に訪れるのは非常識とされ、不意に弔問する事で同僚の家族に大きな迷惑をかける事となる事があります。
家族葬は、比較的新しい葬儀形態とされ、この葬儀に参列した人自体も少ないのでこの葬儀に対する認知度や理解度はまだまだ低いデメリットがあり、遺族はこの葬儀の実施に際しては親族だけで無く故人や喪主の同僚へも参列をお断りする旨を伝える必要があります。
業者では、家族葬をスムーズに執り行う為のノウハウをしっかりと準備しており、お断りする旨の書面もしっかりと準備しているので相談すると簡単に解決出来ます。
また、家族葬を自宅で行うと葬儀に気付き外部の参列者が来てしまうので、不意に訪問してくる外部の参列者をなくす為に業者が斡旋してくれる小型の斎場で通夜と告別式を執り行うのも外部からの参列者を防ぐ1つの対応策ともいえ。

copyright (C) 2018 家族葬に関する基礎知識. All Reserved.