家族葬に関する基礎知識

初心者のための家族葬情報サイト

家族葬は最近増加傾向にある葬儀の形です。
実際参列経験のある方や主催経験のある方は、まだ少ないのではないでしょうか。
ですから専門スタッフ以外の人にお手伝いを頼んでも、望んだ形の葬儀になるとは限りません。
来客の応対に気を取られることなく故人をお見送りすることができるのが家族葬であるならば、お手伝いは友人や親戚ではなく、専門スタッフに全てを任すことがベストです。
諸々の煩わしさに囚われることなく、愛する故人と最後のお別れができることこそ、故人と近親者が望む、最高の葬儀です。

家族葬でお手伝いしてもらえると嬉しいポイントは?

家族葬でお手伝いしてもらえると嬉しいポイントは? 家族葬と言えば、どの程度の知人まで参列してもらうべきなのか悩む方も多いのではないでしょうか。
家族葬に関する故人の遺言があれば、それに従えば良いです。
最も悩むのが親戚の範囲だと思われます。
故人が高齢の場合、故人の兄弟や甥、姪も高齢である場合が少なくありません。
頻繁に行き来していた間柄であれば参列して頂いても問題ありませんが、遠方に住んでいたり、親戚と言っても生前あまり親交がなかった場合には、亡くなったことを知らせることがかえって負担になる場合もあるので注意が必要です。
逆に、故人をお見送りしたいけれども特に連絡等ない場合は参列すべきではありません。
親族は深い悲しみに暮れており、そっとしておいて欲しいのです。
そこで自分の意思を押し通すのは間違っています。
せめてお手伝いだけでも、と思いがちですがそれも遠慮すべきです。

家族葬の受付

家族葬の受付 葬儀を執り行う場合には、香典を受け取ったり通夜返しなどの品物を渡したりするため、受付を設置しておくのが普通です。
この場合も親族全般への対応は親族のなかの特定の誰かが行い、会社関係やその他地域からの弔問客への対応としては、亡くなった人と同じ職場や自治会などに必要な人数の応援を依頼することがあります。
しかし家族葬の場合に限っては、もともと弔問客が家族や親族などの限られた範囲にとどまっているため、あえて受付を置かないことがあります。
顔なじみの人たちだけであれば後でお礼をする上でも混乱するおそれはありませんので、何かあっても喪主やその他家族だけで対応します。
家族葬とはいってもある程度多くの人数が訪れることがはじめからわかっている場合には、喪主には家族葬全般を取り仕切る役目があり忙しくなるため、やはり受付は設置しておくのが妥当です。
この場合も焼香をはじめとする葬儀の流れや段取りを考えると、あまり亡くなった人と血縁的に近い人を配置するのは得策ではなく、葬儀のなかでの出番が少ない人を選んでおく必要があります。
適当な人がいない場合には、葬儀社のスタッフに相談をして、当日の人員のやり繰りをしてもらうことも考えられます。

家族葬関連サイト

埼玉県の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

埼玉県対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式

copyright (C) 2018 家族葬に関する基礎知識. All Reserved.